認知症予防のために

様々な予防策

認知症はとても大変な症状です。
日常生活に支障をきたす事もあるかもしれませんが、何よりなぜ認知症になってしまうのかがまだまだ完全には解明されていない点。
そして一度認知症となってしまったら完治させる事が困難とされている点が挙げられます。
重度の忘れっぽさとなるだけ。
そのように思っている人もいるかもしれませんが、そのおかげで日常生活に於いても支障をきたすような事が出てきてしまうでしょうし、本人よりも周囲の方が大変に思う部分もあるでしょう。
本人は何食わぬ顔をしているものの、周囲が大変な思いをしている事も珍しくなかったりします。
また、何をするのかも解りません。
目を離せない症状でもありますから、むしろ周囲の方が大変なのかもしれません。

ですから、もしも自分が認知症となってしまったらと思うといたたまれない…。
そのような気持ちを抱いている人もおられるかもしれません。
そこでです。
症状の予防策をいくつか挙げてみたいと思います。
ですがこの予防策もあくまでも「効くかも」「良いのでは」と思われているものであって、完全に「これで絶対に予防出来る」とは断言出来ないものなのです。
それだけこの症状はまだまだ解らない事が多いという事です。
医学がこれだけ発展しているにも関わらず、まだまだ解らない事が多いという事は、それだけとても大変な症状だとも言えますが、だからこそ予防に関してもしっかりとした知識を持っておく事が求められるのではないでしょうか。
予防策を知っておけば、日々の生活の中で意識出来る事も増えてくるでしょう。
出来れば周囲にあまり迷惑をかけたくないと思っている人もいるでしょうが、そのような人は認知症予防策をしっかりと知っておきましょう。